前へ
次へ

カタログギフトを選ぶ際に基準となる種類

カタログギフトはお祝いの商品として選ぶ人は多く、贈る側にとっても贈られる側にとっても人気のあるアイテムとなっています。では実際にカタログギフトを利用する場合、その種類の多さに驚く人もいます。様々なお祝い毎や贈るシーンを想定して作られているので、種類も豊富で選ぶ側としては迷うことも出てきます。では実際にカタログギフトを選ぶ際の基準ですが、まずは利用する用途に合わせて選ぶ方法があります。カタログギフトを利用する場面として結婚式の引き出物の他に出産祝いや新築祝いの他、成人式や就職祝いなどもあります。また誕生日や母の日に父の人様々なお祝いがあります。それらの目的に合わせてカタログギフト自体の中身も考慮して商品を掲載しているので、目的用途にて合わせて選ぶのも方法の1つとなっています。出産祝いであれば子育てや子供のおもちゃなどの商品が多く、新築祝いなどであれば日用品や雑貨など新しい自宅で活用できる商品が多く掲載されているといった特徴があります。

それ以外の選び方として価格帯から選ぶ方法があります。お祝いを送る際に用途によって金額も一般的な平均額が決められています。そのためカタログギフトを選ぶ際も、一般的に贈る平均的なお祝い金の価格帯に合わせて選ぶ事が望ましです。例えば20代への初めての出産祝いであれば相場としては5千円前後になります。また30代夫婦で2人目から3人目の出産祝いであれば1万円から3万円程が相場になります。そのためこれらの相場に合わせたカタログギフトを選んで贈ると良いです。そのほかの選び方となるのが贈る相手の好みに合わせる方法があります。相手が親しい間柄であり好みを把握しているのであれば、好みの商品をより多く取り扱っているカタログを選ぶようにします。食品を専門に掲載している物や日用品や雑貨などを多く掲載しているものなど、専門的な商品を多く取り扱うものをあえて相手の好みに合わせて選ぶという方法もあります。

Page Top