前へ
次へ

カタログギフトを選ぶ人たちの数が増えてきています

少子高齢化がどんどん進んでいる日本ですが、今は内祝いなどでカタログギフトを受け取る機会が多くなっています。それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。プレゼントを直接品物でもらうよりも、カタログギフトでもらう方が、人々が幸せになれるからです。なぜならば人々の欲求というものは、人それぞれであるということができるからです。ですからある人にとって特別な商品でも、別の人にとってはその商品は何の価値もないということになります。この一点に、プレゼントすることの難しさがあります。若者から高齢者たちまで全員に喜んでもらえるようなプレゼントをするということは、なかなか難しいことです。そのような芸当ができるのは多分カタログギフトだけではないでしょうか。もともとこのカタログギフトいうものは地球の裏側のアメリカで開発されたものです。 これはアメリカ人の合理的な精神が生み出した画期的な商品であるということができます。

アメリカでカタログギフトが開発されてから、そのビジネスはアメリカでは大ヒット商品となりました。それで全ての人々が幸せになれたからです。久々の爆発的なヒット商品となったわけです。その大きな流れがはるばると太平洋を越えて日本にまで押し寄せてきました。日本でも最初カタログギフトを使う人たちの数はとても少なかったです。それよりも多かったのはタオルケットや毛布を購入してそれをプレゼントするという方式です。ですがその方式には決定的な欠点がありました。それらを必要としないような人では、せっかくもらった商品が自宅の場所を取るだけの厄介者となったからです。そのような事を防ぐためには、やはりカタログギフトが最高です。カタログギフトにすれば、それをもらった人の全てが幸せになれます。今後もカタログギフトの大きな流れは当分続いていくような気が致します。最近は結婚式や葬儀などでもカタログギフトが盛んに使われるようになってきました。これも時代の大きな流れということができます。

Page Top